研究内容

最近の研究テーマを紹介

研究の焦点

私たちの研究室で行っている研究の内容は非常に幅広く、マイクロ流体デバイスが活用できるところならどんな分野にもチャレンジしています。最近は特に、 (1)マイクロ・ナノ流体デバイスの基礎技術、(2)マイクロハイドローリクスの応用に関する研究、(3)分子エンジニアリングデバイスに関する研究、(4)細胞培養に関連するセル・エンジニアリングデバイスの開発、(5)単一細胞解析デバイスの開発、そして(6)深海調査のための現場計測システムにフォーカスして研究を展開しています。

その研究の一部をご紹介します。他にもさまざまなテーマに関して研究を行っていますが、そのほんの一部を以下に示しています。


セルエンジニアリング

単一細胞

腎尿細管細胞

Upcoming


深海現場計測

現場計測

Caged ATP

海中AFM


マイクロ流体技術の応用展開

ソフトロボット

緑内障インプラント

Upcoming


その他

AACデバイス

Upcoming

Upcoming