はじめに

研究課題「マイクロ・ナノ統合アプローチによる細胞・組織Showcaseの構築(研究代表:藤井輝夫)」がJSTのCREST(研究領域「プロセスインテグレーションによる機能発現ナノシステムの創製」)の平成21年度新規研究課題として採択されました。本研究課題では、マイクロ流体デバイスに人工バイオ界面を組み込むことにより、液性条件と接着条件とを統合的に操作可能な細胞・組織Showcaseシステムを構築します。このシステムをES細胞やiPS細胞の分化過程ならびに血中循環腫瘍細胞の浸潤・転移過程に適用し、これらの過程における細胞外微小環境の効果を明らかにすることを通して、多能性細胞の応用研究やがんの診断・治療に資するマイクロ・ナノ機能統合デバイスを実現します。

お知らせ

2010年3月19日
<ポスドク募集中>本研究プロジェクトに参画して下さるポスドク研究員を募集しています。 詳細はこちらをご覧下さい。
2010年2月1日
ホームページを開設しました。